ドライマウスは口腔内の全てに反映

歯周病以外に、口腔内の雑菌が増加する原因に、ドライマウスを挙げることができます。ドライマウスは、唾液の分泌が十分でなくなることによって、口の中が恒常的に渇いたままでいることを表しています。 唾液には食事の解体・咀嚼をサポートする行為だけじゃなくに、口腔内を滅菌する機能があるのです。ドライマウスによってこの機能が薄れると口腔内の雑菌の増大を許し、口臭に見舞われるのです。 ドライマウスには、①老化、②ストレスで引き起こされる自律神経の問題、③糖尿病・腎不全というような疾患、それら幾つもの原因が影響しています。 唾液の分泌量は、70歳以上では20代と比較して4割ほどに減少するとも考えられています。 ドライマウス対策法としては、唾液の分泌を促進するために、しっかり噛んで口にすること。そのうえで、容易に出来るマッサージを習得して、気が付いた際に何度も実施し行うべき生活スタイルに変えると安心できます。一時的な解決には、デイリーワンなどのマウスウォッシュ用品を使うのも考えに入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。