学資保険について

うちの子供は出生前の契約で掛け金が安くなるので、出生前に加入しました。20年以上前ですから、今ほど保障内容が充実している訳ではありませんでした。
出産後、子供に先天性の心疾患がある事が分かりそれについては保証はされないと言われましたが今、解約してしますと20年以上前です。入れる保険などありませんから条件付加入で継続しました。先天性の病気に対しては手術給付ななどはありませんでしたが喘息も発症して入院する事が多くなり、入院給付金を受け取る事も出来ました。
学資保険ですから、入院給付金はたいした金額ではありませんが何かと物入りな入院生活ですから少しでも助かりました。
何より助かったのはやはり入学時です。小学校の入学の際は受け取らず中学では制服などで小学校より倍以上お金が掛かるので中学校と高校入学時に給付金を受け取りましたが、中学より高校、大学や専門学校などの入学は教科書も購入なのでかなりの出費になります。
中学で受け取らず高校、専門学校入学時に受け取るようにした方が良かったと正直思います。
その理由として、小学校は親戚などからのお祝い金で賄える金額しか掛からない。中学校は制服と自転車等ですが、今はホームセンターで安く購入出来るので思った程の金額が掛からなかった事です。それに比べ高校は制服、自転車は勿論、入学金、施設使用料など義務教育では掛からないお金がかなり必要になるからです。
高校卒業後は専門学校へ進学しましたが、高校の倍の入学金、教科書、教材費など高校の3倍近いお金が必要になります。その上、高校までは毎月だった授業料(今は授業料は掛かりません)が、専門学校に行くと前期、後期で2回に分けて数十万のお金が掛かります。
それを考えると学資保険は必ず加入して給付金の受け取り時期の確認をした方が良いと思います。

ヒューマンアカデミー仙台校の情報を紹介