小学生になってから初めて英語を学ぶのはなかなか大変

小学生で英語、特に英会話の授業があるため、小学生になってから初めて英語を学ぶのはなかなか大変だと思うからです。
また、小さいうちは聞き取りの感覚が鋭いため遊び感覚で英語に触れさせていると、知らず知らずのうちに自然と単語や文章を理解し、覚えることができると思います。
大きくなってくると英語を一度日本語に置き換えて理解するといった頭の働きをどうしてもしてしまいがちですが、小さい頃から聞き慣れていると日本語のように無意識に内容を理解することができるのでとても楽だと思います。
小学生の授業でもかなり多くの単語を覚えなければならないため、幼児のうちから少しずつ学んでおけば、無理して単語を覚える必要もないと思います。
メリットは、自然と英語の文章を理解できるということだと思います。
また、覚える単語の量もかなり増えると思います。そして、英会話レッスンなどで小さいうちから外国人と会話をしていると、気負いすることなく自然に異文化と触れ合うことができると思います。
英語の様々な面において苦手意識が減ると思います。

デメリットは、金銭的な負担が大きいところだと思います。
まず、英会話レッスンなどは料金が週1回の授業でも割高な所が多いので、よく検討する必要があると思います。
そして、教材も学年ごとにいろいろ揃えないといけないため出費がかさみます。
高いお金を払っているけれど、結局あまり使わない教材もあるため、早期で始めると金銭的負担が大きいと思います。
7+bilingual 返品